私が車を売却することになった話

Featured

私が主人と結婚する前に同棲をしていた時のことです。
当時、彼氏だった主人には300万円という多額の借金がありました。

借金のことは隠さないで話してくれたし、私の中ではたとえ同棲したりこの先結婚しても私と出会う前に作った借金だから私には関係ないことと思っていました。
同棲を経て結婚をするとなった時に主人の親が借金を立て替えて支払うということになりました。

息子の借金だから結婚するにあたって親が綺麗にするのかななんて思っていた矢先…主人の母親から「立て替えたんだから2人でこっちに支払ってね」と言われてしまいました。
とにかく意味がわからず、でも渋々支払う事に。

しかし、私が主人の親に支払うだけで主人は自分の借金を払わなくなってしまったのです。
体調を壊し、仕事を辞めざるを得ない状況になり支払う方法は物を売ることしか残っていませんでした。

そして、何故か私の車を売却することに。
正直…ショックでした。

初めて自分で買った車でしたから。
買った時は75万円くらいだったザッツ。

それが売却時は15万程でした。
もう5年も前のことですし、結婚生活はこれからも続くことですので思い出すと居た堪れないくらい腹が立ちますが、その辺でザッツを見かけるとイライラしてしまいます。

軽自動車に乗り換えたい気分

現在、トヨタのパッソに乗っているのですが、この頃は軽自動車に乗り換えたいなと考えるようになりました。
このように考えるようになったのは、スズキの軽自動車「ハスラー」のCMを見てからですね。

クリッとした可愛いライトと、ボディのツートンカラーが最高にオシャレに見えます。
最近は仕事や買い物に行く途中でも、頻繁にハスラーを見かけるので、羨ましくて凝視してしまうことがあるほどです。

見かける頻度もかなり多いので、今人気の車種なのだろうと個人的には思っています。
新車での販売価格が大体160万円で、今すぐにでも手が出せそうな金額なのも悩んでしまう原因ですね。

ただ、衝動買いだけは避けようと何とか我慢しています。
問題があるとすれば、家族で出かける時を考えると軽自動車では心許無いということでしょうか。

車で旅行に出かける場合などは、今のパッソの方が良いと思います。
これは2代目の愛車として、ハスラーを購入する方向で考えたほうが良いのかもしれません。

私が初めて購入した車

私が初めて車を購入したのは、もう10年以上前の話になります。
当時、金銭的に余裕がなかった私は知り合いの伝手を頼り、格安の車を購入いたしました。

そして、その車は、5年落ちの軽自動車だったのですが、見た目はきれいで、乗り心地も悪くなかったのです。
その時の私は、いい買い物をしたと心から思いました。

ですが、約3ヵ月後、事態は一変します。
なんと、普通に扱っていたはずなのに、車のマフラーが破れたのです。

とりあえず修理を依頼して事なきを得ましたが、さらに数日後、今度はファンベルトが切れてしまいました。
私の運転が荒っぽいのならば話はわかりますが、私は安全運転主義なので、運転に問題があるとは思えません。

しかし、購入から3カ月経過している事と中古車であるという事を踏まえて考えれば、ディラーに修理費を請求するのは難しいのも事実です。
その後、その車は数々の故障を起こします。

私が憶えているだけで、エンジン、パワーウインド、ワイパー、ブレーキ、ライトが不調を訴え、その都度修理に出しました。
しかも、この間、購入して1年も経っていないのです。

修理工場の方が言うには、はずれを掴まされたとの事。
私もまったくその通りだと思いました。

結局、車検期限まで我慢して乗り続けましたが、購入費より修理代の方が高くついたのではないでしょうか。
以後、私は格安の車に手を出す事はないのでした。

ボーナスが出たら、車買い替え

我が家では13年もので、走行距離16万キロのイプサムがいます。
結構使っていますが、エンジンも乗り心地も購入時とあまり変わらないように思います。

ただ、両親がだいぶ歳になって、イプサムだと遠出が厳しくなってきたことと、燃費があまりよろしくないといった点から思い切って買い替えることにしました。
特にこれといった不具合があったわけではなかったので、思い切るまでに相当時間が掛かりました。

それに、家のローンもあってあまりお金もない状態だったのもあります。
買い替えるきっかけになったのは新型ボクシーの登場です。

私にはよくわかりませんが、旦那さんいわく、ヴェルファイア風の顔がついていて恰好がいいそうです。
購入するのはハイブリッドで、試乗したのは普通のエンジン車なので、ハイブリッドのボクシーがどんな感じなのかまだいまいち想像つきませんが、私は内装が気に入りました。

両親には一番乗り降りしやすい真ん中のシートに座ってもらい、座席にはオットマンをオプションでつけました。
また広々使えるようにシート数を真ん中は2つにしました。

乗り降りの便利さを考えて、両側自動スライドドアを取り付けることにしました。
もうここまででかなりの金額になってしまいました。

今までの貯金と、ボーナスが全て車に消えてしまいますが、今から7月が楽しみです。

さすがはハイブリッド

私は免許を取った時からラングラー。
その後もインプレッサやランエボなど、四駆で走り回るのが好きでした。

走り屋ではなく、とにかく車に乗って、あちこち出かける事が好きでした。
ただ、子供が小学校に行くようになり、私の始めた仕事も営業で自分の車で出かけることが多くなったので車を考えないといけないなあと思いました。

そこで、ラヴ4のスポーツタイプに変えたのですが、月一で県外に遊びに行くのと仕事とで、月に4万円以上のガソリン代がかかってしまいました。
さすがに、なんのための仕事かと考えるようになり、主人からも車をそろそろ考えるように言われてしまいました。

悩みに悩んだ末、現在日本で一番走っている!?プリウスに乗ることにしました。
初めは、馬力はないし、運転していても楽しくないと、文句ばかり言っていた私ですが、半年くらい経ってみると運転にも慣れ、そして何より、ガソリン代が半分になったのです。

これは驚くべきことで、地球にもお財布にも優しいとはこの事かと。
友人たちも、始動しても音が静か、すーっとなめらかに出発する私の姿に驚いています。

高速道路は燃費が悪いという事も耳にしていましたが、いつも遠出すると満タンで行っても1・2回は給油していましたが、それも必要なくなりました。
そして、目の前にECO運転しているかどうかが一目瞭然のパネルがあるので、自然にエコドライブです。

私の生活も運転している時の性格も変えてくれ、経済も潤してくれたハイブリッド車に感謝の日々です。

キャンピングカーで旅行

壮大な自然の中をキャンピングカーで旅をしてみたい!という発想からオーストラリア行を決めました。
今回は三ヶ月という長旅なので、レンタカーではなく、帰国時にも売れる購入という方法で車を調達、中古車業者からではなく、一番安く手っ取り早く条件にあったものを見つけられる個人売買という方法を選びました。
そして三台を比較し、VWコンビのキャンピングカーを日本円で約50万ほどを購入しました。

これが本当にすごかった。
1975年式という化石のような車ですがキャンピング仕様が完璧。
後部座席をたおすとベッドルームになり屋根を上げるとロフトルームができそこでもう一人が寝ることができます。

しかしながら近代的な設備は何ひとつ有してないのはご愛嬌というところだろうか、オモステに手動ウインドウ、もちろんエアコンやオーディオなどはなし… でも本当にすごかった。
この三ヶ月のロードトリップでパンクというマイナープロブラムこそあったものの、しっかり完走、快適な旅行の愛おしい奴となりました。
もちろん帰国時にもほぼ購入額に近い額で売ることができ、本当に最高の旅行ができたと思います。